収入は一つの蛇口では厳しくなってきた世の中、何か始めようと思っている人は多いでしょう。そこで選択肢の一つになってくるとされているのが株取引です。参入ハードルは低いものの、市場では初心者からプロまで、同じ土俵で戦っています。初心者が大きな損を出す前に知っておきたい基本をお伝えします。

株のデイトレードとは?デイトレの始め方

データチャート

株式投資の一つのやり方でデイトレードという方法があります。
このデイトレードとは、その名の通り、一日の間で購入と売却を完結させてしまうものです。
一回のトレードを数十分から数時間の間に行うので、一日10数回程度のトレードを行うことが多いです。
先ほど、購入と売却を一日で完結させると書きましたが、それは、日付をまたぐことでの株価の変動リスクを受けないためです。

こうしたデイトレードで、利益を得ている人たちをデイトレーダーといいます。
デイトレーダーとして安定した収益を得ていくことは簡単なことではないですが、しっかりと取引の始め方から学んで経験を重ねるとトレーダーとして成長していくことができます。
ここでは、株式投資に興味があり、これからデイトレードをしようと考えている人に向けてその始め方について説明します。

まず一番にやることは、売買に必要な証券口座を開設することです。
証券口座には種類がいろいろとありますが、ネット証券だと手数料もお得な場合が多いです。
また、スマホやタブレットでアプリをダウンロードすると簡単に操作ができます。

次に証券口座が開設できたら、デイトレードの取引で実際に使う銘柄を選ぶことです。
この銘柄の選び方はトレードの中でも最も重要なことです。
銘柄の選び方には色々ありますが、初心者でも見つけやすいのは、ビジネスで人気のあるテーマや業績の良い企業を選ぶというやり方です。

また、デイトレする上では株価の変動幅も利益につながるので、変動の大きな銘柄を選ぶのも一つの手段です。
一般的に、東証1部などの優良企業では、一日の株価の変動はそれほど大きくないです。
また、株価も大きなものも多く、一日に多くのトレードを行うデイトレでは、株価の大きな銘柄を一日何度も取引すると多額の手数料がとられるのでデイトレには向いていないです。
そのため、マザーズや、東証二部などのマーケットや、上場して間もない株価がまだ定着していない銘柄を選ぶといいです。

株の初心者でもデイトレードで勝つことができるか?

デイトレードを始めようとする人の中には、株式投資でお小遣い稼ぎができたらいいなぐらいの感覚で手軽にできると思っている人が意外にも多いです。
ですが、悲しいことかもしれませんが、誰しもがデイトレーダーとして手軽にお金が稼げるというわけではないです。
まだ株式投資の知識が少ない初心者が単なる遊び感覚でデイトレードを始めてしまうと、間違いなく損失につながります。
また、初心者はまだ資金がそれほどないので、株価の大きな銘柄に手をだしてしまうと多大な損失を抱えてしまうことにもなりかねないです。

では、どうやって初心者のデイトレーダーが勝てるようになるかについて書くと、実は絶対に勝てるという方法はどこにもないのです。
デイトレで結果を出しているトレーダーの殆どは、取引所が開いている時間はモニターに張り付いています。

そして、取引所がしまった後は、次の投資戦略を練ったり、翌日の銘柄選びをするなど準備を入念にしています。
このように、デイトレードで勝つということは、経済や投資のことを学習し豊富な知識をもって望んでいくことで勝利につなげていくということです。
ですから、初心者の方がデイトレで勝つためには、まずは経済の情報をしっかりと理解し、銘柄を選ぶことです。

銘柄は、サイトなどでスクリーニングにかけてもよいですし、経済情報を取り扱うテレビ番組などから見つけることもできます。
また、選んだ銘柄の買い時を見誤らないように株価のチャートをよく読む力を身に付けることです。
また、チャート以外にも、気配値や板読みができるようになると勝てる確率がより高まります。
まずは、これらのことをしっかりと学び、経験を積んでいくことで資金を作っていくことができるようになります。